2012年5月21日月曜日

金環食を見ました

今朝は金環食でした。「皆既日食ほど暗くはならない」と聞いてはいましたが、確かに薄暗くなったくらいでした。

減光フィルターは買ってなかったのですが、幸か不幸か時々雲がかかったため、その瞬間に太陽を狙いました。

私のカメラは、電子ビューファインダー(EVF)なので、レンズを通った光が直接目に届くことはありません。万一、撮影中、急に雲が切れてもカメラを痛めるだけで済みそうです。

ただ、普通の一眼レフだと、雲の切れ目(晴れの切れ目?)を狙うのはかなり高いリスクを伴うので、やめたほうがいいでしょう。突然雲が切れたりすると大変です。

 

猫写真教室の先生は、紙に小さな穴(ピンホール)を開けたもので影を観察していたそうです。ピンフォールカメラで映像が映るように、ピンホールで太陽を映すと太陽の形、つまり日食なら欠けた太陽が映るためです。Twitterでは、木漏れ日の影が紹介されていました。

ただ、始まってみるとやはり直接見たかったようで「ワインの瓶じゃ駄目かなあ」「サングラスじゃ駄目かなあ」とおっしゃっていたそうです(両方だめです)。

ところで、同僚の中田は休暇を取って遠征したようですが、どんな写真が撮れたのでしょうか。