2011年6月16日木曜日

MS-DOS LAN Manager クライアント

かつて、MS-DOS LAN Managerクライアントというものがありました。
Windows NT Server 3.51までは製品にも含まれいましたが、今はありません。

TCP/IP、NetBEUI、IPX/SPXをサポートしますが、TCP/IPを入れるとメモリ不足で多くのアプリケーションは動作しません。

たとえば、日本語環境だと、WIndows NTのセットアップコマンドWINNT.EXEも動きません。でも、NetBEUIなら大丈夫です。

利用できるのは、共有接続くらいです。
基本版だと、ログオンの機能もないのでゲストアクセスが必要になります。
拡張版だと、LAN Managerドメイン(NTドメイン)にログオンできます。

Windows 3.1をインストールしたら、WinPopup.exeというツールを常駐させることで、メッセージャーサービスからのメッセージも受信できます。

探してみたら、以下に公開されていました。
ftp://ftp.microsoft.com/bussys/Clients/

Virtual PC環境にもインストールできるので、興味がある方はどうぞ。