2011年11月21日月曜日

Microsoft VDI用のクライアントセットアップ用スクリプト

Microsoft VDIは、素質はいいのですが、仮想マシンの構成がかなり面倒です。
1日の教育コース「マイクロソフト仮想化ソリューション」では、仮想マシン構成用のスクリプトを紹介していますが、ここにも掲載しておきます。

解説は省略します。

rem SERVERxxは仮想化ホストの名前
set RD-VH=SERVERxx

rem OSのバージョン番号の判定(XPなら5、VistaまたはWindows 7は6)
for /f "usebackq tokens=2 delims=[]"  %%v  in ( `cmd /c ver`) do set VER=%%v
set VER=%VER:~8,1%

rem ファイルとプリンタ共有の許可
if "%VER%" == "5" netsh firewall set service FILEANDPRINT enable
if "%VER%" == "6" netsh advfirewall firewall set rule  group="ファイルとプリンターの共有" new enable=yes

rem リモートサービス管理の許可
if "%VER%" == "5" netsh firewall set service REMOTEADMIN enable
if "%VER%" == "6" netsh advfirewall firewall set rule  group="リモート サービス管理" new enable=yes

rem リモートRPCの許可
reg add "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server" /v AllowRemoteRPC /t reg_dword /d 1 /f

rem リモートデスクトップの許可
if "%VER%" == "5" netsh firewall set service REMOTEDESKTOP enable
if "%VER%" == "6" netsh advfirewall firewall set rule  group="リモート デスクトップ" new enable=yes
reg add "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server" /v fDenyTSConnections /t reg_dword /d 0 /f

rem ローカルグループの構成
set DC=%LOGONSERVER:~1%
net localgroup administrators "%USERDOMAIN%\%RD-VH%$" /add
net localgroup "Remote Desktop Users" "%USERDOMAIN%\Domain Users" /add
net localgroup "Remote Desktop Users" "%USERDOMAIN%\Domain Admins" /add