2014年1月29日水曜日

キーボードの英語配列を日本語配列に変更するには

Windows 8のDVDイメージをそのままWindows展開サービス(WDS)などで配信すると、キーボード配列が英語になってしまいます。

Windows Server 2012のVDI環境を構築するときも、ベースとなるWindows 8が日本語版で正しいキー配列になっていたとしても、配信用の応答ファイルを指定しないと、内蔵の応答ファイルが使われてしまい、英語配列になります(2012R2では修正されているそうです)。

以下の内容を、拡張子REGのテキストファイルとして保存し、実行すれば次回起動時に日本語になります。

レジストリキーがi8042prtになっているのは、昔のキーボード制御ICの名称が残っているからで、。実際にはUSBキーボードでも有効です。
Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters]
"LayerDriver JPN"="kbd106.dll"
"OverrideKeyboardIdentifier"="PCAT_106KEY"
"OverrideKeyboardSubtype"=dword:00000002
"OverrideKeyboardType"=dword:00000007