2011年5月26日木曜日

あのマーク・ルシノビッチ氏が小説

Sysinternalsでおなじみのマーク・ルシノビッチ氏 が小説を書いたそうです。

タイトルからすると、セキュリティ攻撃みたいです。

小説仕立てだと、思考の流れが分かりやすいのでいいかもしれません。
日本語版が出たら読んでみようと思います。

私の処女小説『Zero Day』についてのお知らせ

SPRINGBOARD presents: Windows の内部を解き明かす Mark's ブログ