2017年3月1日水曜日

Microsoft Azureのポイント対サイトVPNの設定

Microsoft Azureのポイント対サイトVPNの設定をGUIだけで行うことはできない、と思ってたんですができました。前からできたのか、最近できるようになったのかは未確認です。

これで「Microsoft AzureによるITインフラの拡張」でPowerShellが必要なのは、仮想マシンを一般化する部分だけになっているはずです。

やり方は以下の画面で値を入力し、[save]をクリックするだけです。

P2S-1
▲上の枠がアドレスプール、下の枠がルート証明書の設定

 

●アドレスプール

VPNインターフェース用のIPアドレス範囲です。サブネットマスクは24ビット以上が必要です。

ここでは、192.168.1.0/24を指定しています。

 

●ルート証明書

BASE64形式のルート証明書の本体(BEGIN/ENDを含まない範囲)を貼り付けます。ファイルを参照する機能はありません。

ここでは2つ目のルート証明書として指定しています。

1行しか枠がないところに、これだけの内容を貼り付けるのは不自然ですね。

2017-03-01 (8)
▲選択した部分をクリップボード経由で貼り付ける