2015年7月31日金曜日

今年もやりますG-Tech ~役に立つ楽しいイベントを目指します~

グローバルナレッジのイベントG-Techが「G-Tech 2015」として今年も開催されます。テーマは「攻めのIT、それを実現する人材」です。各種アプリケーションサービスや、クラウドサービスの普及により、簡単なITシステムは誰でも作れるようになりました。企業の競争力を高めるためには、単にITを活用するだけでは駄目で、より高度なシステムが求められます。だからこそ、IT技術者はさらに高い技術を習得し、さらに上を目指す必要があります。

無料イベントですので、IT技術者の方やIT人材育成の興味をお持ちの方は、ぜひご検討ください。

特別セミナー G-Tech 2015 ~攻めのIT、それを実現する人材~

このG-Tech、元々は、私を含め、マイクロソフト系のトレーニングを担当している部署が独自に企画したものでした。当初は「Microsoft TechEdみたいな、お祭り風の技術セッションがしたい」ということで企画されました。

お手本となったMicrosoft TechEdは、他のイベントと統合され、重要性はさらに高まっていますが、お祭り色はかなり薄くなっています。

G-Techは、部門イベントとはいっても、実際には多くの方に協力していただきました。「TechEdと言えばおやつだろう」ということで、当時行列が絶えなかったクリスピー・クリーム・ドーナツを数十個確保するためにに早朝から並んだ人もいました(TechEdに限らず、米国のイベントは会場に常におやつが用意されています)。

G-Tech 2014のセッションドーナツは開場直後に提供し、1人1個を想定していたんですが、2個食べた人がいて社内でちょっとした事件になりました。ちなみに2個食べたのは少なくとも2人いて、いずれもマイクロソフトMVPの方です。いえ、別に責めていません。「1人1個」とはどこにも書いていませんでしたし、「ドーナツあります」という告知もしていません。会場の雰囲気を楽しんでいただければ、それでいいんです。でも、あの甘いドーナツを2個食べる人がいるとは思いませんでした。いえ、別に責めていません。

こうして開催されたG-Techの評判が良かったため、その後は全社イベントになりましたが、試行錯誤は続いています。

開催年によって、営業色が強くなったり弱くなったり、外部講師を招いたり、基調講演を追加したり、さまざまな変化をしながら現在に至っています。全社規模になったG-Techを最初の姿に戻そうと、マイクロソフト技術だけのミニG-Techを開いたこともあります。 来年はまた変わるかもしれません。

G-Tech 2014懇親会現在のG-Techは、規模が大きくなり、関係部署も増え、運営はスムーズになりました。懇親会も盛況です(写真は昨年の懇親会)。でも、一番楽しかったのは手探りで開催した第1回かもしれません。

G-Techの目的は新規顧客の獲得だったり、既存顧客との関係強化だったり、認知度を上げることだったりさまざまです。

ただ「グローバルナレッジのファンを増やす」ということに限れば、高度な技術を紹介したり知名度の高い人を連れてきたりするより、セッション担当者がどれだけ楽しく実施しているかが大きいように思います。もちろん、受講する価値のある内容があることが前提ではありますが。

そんなことを思っていたら、こんな記事を見つけました

広島が生んだ至宝のアイドル・まなみのりさが東京で学んだ「ライブで大切なこと」

昨年4月から本当にたくさんのライブをやってきたんですけど、最初の頃は他の人よりも歌って踊って、とスキルを見せることを中心に考えていて、それが良いと思い込んでいたんです。

でも途中から、もしかして間違っているんじゃないかと。スキルを見せるというよりは、会場の皆が楽しんで貰えるのが一番なんだって気付いた時から、ライブに対する考え方や選曲も変化して。

見てくれた方も、今までは「まなみのりさってすごいよね」だけだったのが、「まなみのりさのライブ良かった。また行きたい」って思ってもらえるようになったと感じています。

広島ではそこそこ売れていたアイドル「まなみのりさ(ブログ「たちまち! 来てみんちゃい!」)」が東京に出てきたときの話です。ちなみに「まなみのりさ」は、メンバーの「まなみ」「みのり」「りさ」の名前をつなげたものだそうです。

もちろん、高い技術があることは前提として(これが一番大事です)、その上でどれだけ楽しい雰囲気を作れるのかを考えたいものです。

今年は、グローバルナレッジネットワーク創業20年でもあります。次のステージに向けて、サービスの種類と質、営業力に加えて、会社のカラーとか雰囲気で「ファン」を増やすことを考えていきたいと思っています。

【おまけ】