2014年10月25日土曜日

ADMT 3.2はWindows Server 2012/2012R2に対応していました(追記あります)

10月23日(木)と10月24日(金)は、The Microsoft Conference (MSC) でした。私も久しぶりに参加してきました。

今回は、原則としてすべてのセッションが、「CONTOSOドラッグ」という架空のドラッグストアの課題を解決するというシナリオで進んでいました。

内容はもちろん多岐にわたりますが、特にMicrosoft Azureにからんだものが多かったように思います。

そして、そこで、衝撃の事実が。

ADMT 3.2はWindows Server 2012/2012R2に対応しています

インターネットでは『対応していない』という情報がまだまだ多いので注意してください」だそうです。ここでいう「インターネット」には、microsoft.comも含みます。せめてブログで告知してくれればいいのですが。

Microsoft MVPのメーリングリストでは「完成した」という報告はあったものの、「ダウンロードできない」という報告が相次ぎ、「ちょっと待て」と言われたまま放置されていたので、完全にノーマークでした。

URLが長すぎてメモを取れなかったので、以下は自分で探した結果です(セッション資料は後日公開されるので、それを参照した方が確実です)。

  1. ダウンロードセンターから「Active Directory Migration Tool (ADMT) Guide: Migrating and Restructuring Active Directory Domains」を入手します。
    これが2014年6月版で、2014年10月に公開されています。同じダウンロードIDの日本語版は2010年6月版で、両者は別物です。
    2014年6月版のSystem Requirements(システム要件)には以下のOSが含まれます。
    • Windows Server 2003
    • Windows Server 2008
    • Windows Server 2008 R2
    • Windows Server 2012
    • Windows Server 2012 R2
  2. 肝心の実行ファイルはここにはありません。上記のドキュメントを開くと
    http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=401534からダウンロードしろとあります。
    リンク先は「connect」と呼ばれるサイトで、主にベータ版のソフトウェアを扱っている場所です。
  3. そこからWindows Server Active Directory Migration Tool (ADMT) V3.2にアクセスし、必要に応じて以下の3つのソフトウェアをダウンロードします。

ADMT QFE (Quick Fix Engineering) は32ビット版のようですが、問題なくインストールできました(おそらくセットアッププログラムが32ビット版で、セットアップされるプログラムが64ビット版なのでしょう)。しかも日本語化されています。なお、ツールのショートカットは[管理ツール]にできることに注意してください。

実際の移行テストはまだしていませんが、インストールが正常に完了し、ドメイン選択画面までは進んだので、おそらく大丈夫だと思います。

【追記1】Windows Server 2008 R2ドメインからWindows Server 2012 R2ドメインへの移行を確認しました。パスワード移行は未確認です。

【追記2】Windows Server 2003ドメイン(x86版DCが1台)からWindows Server 2012 R2ドメインへの移行を確認しました。パスワード移行も正常に機能しましたので安心してください。なおADMTのセットアッププログラムは32ビット(x86)コードのようですが、x86版Windows Server 2003にインストールできませんでした。

ADMT

従来、ADMT 3.0から3.2までは、以下の通りインストール可能なOSのバージョンが限られていました。

  • ADMT 3.0…Windows Server 2003以前
  • ADMT 3.1…Windows Server 2008
  • ADMT 3.2…Windows Server 2008 R2

しかし、新しいADMT 3.2ではWindows Server 2003以降のすべてをサポートします。もともと3.0以降の機能差はなかったので、より分かりやすくなりました。

なお、ADMTについては「Active Directoryマイグレーション実践」コースで詳しく説明しています。

Active Directoryマイグレーション実践」コースではもう1つ、ファイルサーバー移行についても扱っています。主なツールはPowerShellベースの「サーバー移行ツール」で、補助的にファイルコピーツール(XCOPYやROBOCOPY)を扱っています。

マイクロソフトではもう1つ「FSMT (ファイルサーバー移行ツール)」を無償ダウンロードツールとして公開しています。FSMTは、Windows Server 2003時代に登場したツールで、DFSを使った巧妙な移行パスをサポートします。詳しくは、(少し古いのですが)以下の記事などを参照してください。

FSMTは、システム要件にWindows Server 2012が日英ともに入っていないのですが、.NET Framework 3.5 (.NET 2.0および3.0を含む)がインストールされていればいいようです。

なお、FSMTはコースでは扱っていませんのでご了承ください。

DSC01706M
▲MSC会場近くから(朝)

DSC01711M
▲MSC会場近くから(夜)