2013年9月8日日曜日

大阪のみなさまへ: 9/25~ Windows Server 2012 コースのご案内

Windows Server 2012 R2 も完成し、来月にも一般入手可能という話ですが、多くの方はWindows Server 2012の評価を行なっている最中ではないかと思います。

幸い、Windows Server 2012 R2は、名前から想像できるように、それほど大きな違いはないので、まずはWindows Server 2012の導入を検討し、時期によってはR2にすることを考えればいいでしょう。

さて、Windows Server 2012関連の教育コースは昨年末から新機能を中心に解説する3日コースが実施され、今年から一般向けのマイクロソフト公式カリキュラム(MOC)が始まっています(まだR2には対応していません)。

MOCは、内容が広く深いのが利点ですが、基本的なことを学ぶだけでも合計15日間も必要になります。既にWindows Serverの知識をお持ちの方にとっては冗長な部分もあるでしょう。

日本オリジナルの「Windows Server 2012ソリューションアップデート」は,3日間で新機能を演習付きで学べるのでおすすめです。

新しい教育コースは大阪での実施が遅れがちですが、このコースは大阪でも実施しています。直近の日程は9月25日(水)からですので、機会があればぜひご受講ください(残念ながら担当は私ではありません)。

多くの場合、(幸か不幸か)大阪の方が受講者が少ないので、質問もしやすいかと思います。

なお、現在「MCSA: Windows Server 2012 チャレンジキャンペーン」を開催中です。

Windows Server 2012ソリューションアップデート」ご受講の方に、MCP試験70-417(アップグレード)受験バウチャーチケットを差し上げています(2013年12月開催分まで)。

もし前提資格をお持ちであればMCP 70-417試験に合格することで、「MCSA: Windows Server 2012」として認定されます。この機会に受験と資格種時までどうぞ。