2011年12月11日日曜日

「運用でカバー」と路上アーティスト

Computer Worldのブログに「運用でカバー」という記事を書きました。

「運用でカバー」というのは柔軟性はありますが、実際に運用するのは難しい面が多々あります。

記事では「路上アーティスト」の話を書きました。東京都には「ヘブンアーティスト」という制度もあるのですが、販売行為はできないのでほとんど意味がありません。

多くの路上アーティストは、路上でのCDやライブチケットの販売で生活しているからです。「路上演奏の対価」としてお金を出している人はほとんどいません。

自治体にすれば、プロのアーティストが演奏場所を無料で使うのはけしからん、ということかも知れませんが、もうちょっと寛容になってもいいのではないかと思います。