2011年9月27日火曜日

リモートデスクトップとビジネス継続性 (Win Win Windows)

公式コラム「Win Win Windows」に「リモートデスクトップとビジネス継続性」という記事を書きました。

Digital Image ProとDigital Image Library

昔のブログから技術情報だけを転載しているんですが、さすがにこれは不要かなあ、と思いならがらも、転載します。

Microsoft Digital Image Suite 2006 Library」の記事とあわせてどうぞ。


自宅では、写真のレタッチと管理に「Microsoft Digital Image Pro」「Microsoft Digital Image Library」を使っていました。

Photoshopよりも安くて、トーンカーブの調整など多くの機能が備わっているので気に入ってます。

ところが、Digital Image シリーズの開発中止のニュースが流れてきました。
新規開発が停止しても、今の製品が使えなくなるわけではないので、それほど気にしなくてもいいんですが、やはり嫌な感じです。

レタッチは、思い切ってPhotoshopを買うという手もありますが、画像管理の方は問題があります(その後、Photoshopを買いました)。

いったんDigital Image Libraryに登録したファイルは、タイムスタンプが変わってしまい、Photoshop Albumなどの他のツールでは撮影時刻が正常に認識されないのです。
結局、今のバージョンをそのまま使い続けるしかなさそうです。

Digital Image Libraryの市場シェアはあまり高くなさそうなので、変換ツールの登場も期待できそうにありません。

実際には、Digital Image Libraryでつけたタグは、プリントマークなど一部を除き「Windowsフォトギャラリ」に移行できました(自動的に移行します、というか同じ属性のようです)。

でも、Adobeの写真管理ソフトとは属性が違うみたいなんですよね。

 

2011年9月26日月曜日

Windowsの内部構造をさぐる

Computer Worldのブログに「ダンプ解析入門 ~電子書籍の副産物?~」という記事を書きました。文字通り、ダンプ解析の初歩的な手順を紹介しています。

ここで紹介した内容は「Windows Server 2003トラブルシューティング(基礎編)」で扱っていたのですが、現在は提供していません。Windows Server 2008 R2に対応した教育コースを企画中ですので、しばらくお待ちください。

具体的なトラブルから原因を究明した例で有名なのは、マーク・ルシノビッチ氏の「ソニーが音楽CDに組み込んだ“Rootkit”とは何者か?」という記事でしょう。ウイルスまがいの動作をするプログラムが音楽CDに組み込まれていたという話です。

内容はかなり高度ですが、非常に面白いので、Windowsのトラブルシューティングについて興味のある方はぜひ読んでみてください。

2011年9月20日火曜日

2011年9月9日金曜日

ADMT 3.2 (Active Directory移行ツール)

今週は「Windows Server 2008 Active Directory インフラストラクチャとサービスの設計 (#6873)」コースを担当していました。

最後の章は、ドメインのアップグレードと移行についてでした。ここで登場するのがADMT(Active Directory Migration Tool)。Active Directoryの移行を行うための万能ツールです。

ただ、バージョンが少々ややこしいので注意が必要です。機能的な差はありません。

ADMT 3.0はWindows Server 2003以前用
ADMT 3.1はWindows Server 2008用
ADMT 3.2はWindows Server 2008R2用

なお、移行元ドメインと移行先ドメインはWindows Server 2003以降が正式サポート対象です。

Windows 2000ドメインやWindows NTドメインは対象外ですのでご注意ください。
(実際には、移行できそうな気もします、というか3.1では移行できました)

ADMTの詳細は「ADMT v3.1 を使用した Active Directory ドメインの移行と再構築」をご覧ください。3.2でも操作は変わりません。