2019年6月26日水曜日

【Azure】マネージドディスクとイメージ、仮想マシンの課金

一般にクラウドコンピューティングサービスでは「使った分だけ課金」が基本ですが、何をもって「使ったか」というのはなかなか難しい問題です。


ストレージアカウントの場合(ページBLOB=非マネージドディスクを含む)

Azureのストレージは、Standard ページBLOBを使った仮想ディスクだけが「実際に使った分量に対してGB単価で課金」で、その他のストレージは「割り当てた分量に対して課金」です。

Standard ページBLOB以外のストレージは、いくつかの容量が事前に用意されており、それを選ぶ「カタログ方式」となっています。実際には1GB単位で指定できるのですが、課金はカタログ単位の切り上げになります。たとえば128GBの次は256GBなので、129GBを割り当てると256GBの課金が発生します。

請求は1ヶ月単位のサイクルで行なわれますが、ストレージの使用が1ヶ月に満たない場合は毎日の平均(日割り計算)となります。

Azure Storage を月に数日間のみ使用した場合、料金は日割りされますか?

はい。ストレージ容量は、1 か月にわたり、保存されていたデータ量の 1 日あたりの平均 (GB 単位) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 10 GB のストレージを常に使用し、後半は使用しなかった場合は、ストレージの平均使用量の 5 GB が課金されます。

(ストレージのFQAより)

課金は1日のピークで行なわれるので、図の例で6月15日にゼロにするためには、6月14日中に削除しておく必要があります。

マネージドディスクの場合

ただし、マネージドディスク(管理ディスク)の場合はStandard HDDを含むすべての種類が割り当て単位で課金されます。また、カタログにある容量を超えた場合は課金が切り上げられます。

ストレージアカウントと同様、請求は1ヶ月単位のサイクルで行なわれますが、マネージドディスクの使用が1ヶ月に満たない場合は1時間単位の課金となります。

以下に示す料金が月額になります。管理ディスクを 1 か月未満使用した場合はどのように課金されますか。

料金は月額を使用して、時間単位で計算されます。たとえば、P15 の Premium SSD は ¥4,896.720 になります (リージョンによって料金が異なります)。10 月は、¥4,896.720/(31 日 x 24 時間) = ¥6.582/時間で課金されます。

(マネージドディスクのFQAより)


仮想マシンイメージの課金

マネージドディスクから仮想マシンイメージを作った場合、「スナップショット」と同等の料金がかかります。「無料」と書いてある記事もあるようですが、課金されることはサポートに問い合わせたので間違いありません。

しかし、実際に課金状況を調べてみると、はるかに小さな金額しか請求されていません。「課金サポートではこれ以上のことは分かりかねるので、有償の技術サポートに連絡して欲しい」と言われました。詳細が分かったら報告します。


仮想マシンの課金

Azureの仮想マシンは、分単位課金です。仮想マシンが実行状態になってから課金がスタートして、最初の1分は無条件に1分が課金されます。

その後、1分59秒までは追加の課金がなく、2分になってから次の1分の課金が行なわれます。

AzureのWebサイトには「秒単位課金」という言葉や「時間課金」という言葉が混じっていて混乱していますが、ブログ執筆時点で分単位で課金されることは間違いありません。

「秒単位課金」は「秒単位計測」の意味のようです。1分59秒までが1分、2分ちょうどから次の1分と、正しく認識するには秒単位の計測が必要です。

「時間赤金」は課金明細の記載単位だそうです。確かに、利用明細には「0.92 1時間」のように、1時間単位で記載されています。

ちょっと紛らわしいですね。

なお、後損仁通り、仮想マシンの課金は単なるシャットダウンでは停止せず、「割り当て解除」状態に移行しないと課金が継続します。ハードウェアの割り当てをしている以上は「使っている」とみなすわけですが、これも直感に反します。理屈が分かれば不思議ではないのですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿