2013年10月29日火曜日

ThinkPad X201にWindows Server 2012 R2をインストールする

我々は、デモ環境としてノートPCにWindows Serverをインストールします。

ノートPC用のサーバードライバーがあるわけもなく、通常は対応するクライアントOSのドライバーを使います。たとえば、Windows Server 2008 R2ならWindows 7、Windows Server 2012ならWindows 8です。今回は、Windows Server 2012 R2をインストールしたかったのでWindows 8.1のものを探しました。

しかし、ちょっと古い機種だと最新OSのドライバは提供してもらえません。今回は、ThinkPad X201にインストールしたかったのですが、発売元であるLenovoのサイトにはWindows 7用しか存在しません。

こういうときは、古いOSのバージョンに順にさかのぼっていきます。X201は、Windows 7の54ビット版ドライバーがありました(Windowsのドライバーは原則として32ビットと64ビットドライバーの互換性はありません)。

必要なドライバーはこれでほとんど入ったのですが、ディスプレイドライバーだけはインストールできません。マイクロソフト標準ドライバーだと、マルチスクリーンが使えない上、外部ビデオに出力できません。マルチスクリーンはともかく、ビデオ出力が使えないのは困ります。

X201は、CPU内蔵のグラフィック機能を使っているので、CPU製造元であるインテルが提供するドライバーを使ってみましたが駄目でした。

いろいろ調べたら、いかのブログに行き着きました。

「SE の雑記」検証環境の整備

さらに元ネタは、知り合いが書いた記事でした(ブログは匿名みたいですが、プロフィールは実名で記載されています)。

「MCTの憂鬱」Windows 8 に レガシーなIntel HD Graphics Driver をインストールする

やることは簡単です。

  1. Windows 7用のドライバーをダウンロードし、展開
  2. 展開先フォルダーのGraphics\*.inf をメモ帳で編集
    私の場合は KIT41822.INF でした。
  3. セクション[Intel Gfx.NTamd64.6.2] にセクション [Intel Gfx.NTamd64.6.0] の内容をコピー
    セクション名はドライバーのバージョンで変わるようです。
    コピー先の目印は以下のようなコメントです(セミコロンはコメントの開始記号)
    ; no install on Win8
    このコメントから「Windows 8にインストールできないことが分かります。Windows 8.1用のセクションは作られていなかったので、今回はこれを使いました。
    コピー先の目印は以下のような記述です。
    %iILKGM0% = ...
  4. 以下のコマンドを実行して、ドライバーの署名制限を無効にし、未署名のドライバーをインストールできるように設定
    bcdedit -set loadoptions DISABLE_INTEGRITY_CHECKS
    bcdedit -set TESTSIGNING ON
  5. 再起動

再起動したら、改めてドライバーをインストールします。この時、以下の手順に従ってください。

  1. デバイスマネージャーで、[ディスプレイアダプター]の[マイクロソフト基本ディスプレイアダプター]を右クリックし、[ドライバーソフトウェアの更新]を選択
  2. 自動検索ではなく[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]を選択
  3. [コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します]を選択
  4. [互換性のあるハードウェアを表示]のチェックを外し、[ディスク使用]から、ドライバーの入ったフォルダー(Graphicsフォルダー)のINFファイルを選択
  5. [Intel(R) HD Graphics]を選択
  6. 指示に従ってインストール
  7. 再起動
  8. 念のため、以下のコマンドを実行し、不適切なドライバーがインストールされないように設定
    bcdedit -set loadoptions ENABLE_INTEGRITY_CHECKS
    bcdedit -set TESTSIGNING OFF

以上です。無事、外部ディスプレイにも出せるようになりまいた。